このメニューでは東京メトロのオフィシャルカードについてお届けしています。
東京を拠点に活動している人に必須のカード

東京を拠点に活動している人に必須のカード


東京を拠点に活動している人に必須のカード
クレジットカードを持っていなかったとしても生活に支障が出ることはありませんが、損をしてしまっています。
ポイントが貯まるクレジットカードは様々な景品と交換出来ますし、何よりも割引サービスが充実しているのです。 PASMOのオートチャージ、さらには東京メトロの定期券購入などといったものを東京メトロ To Meカードで決済することが出来ます。
発行は三菱UFJニコスで行われ、そのポイントプログラムというのは「わいわいプレゼント」が適用されることとなります。

PASMO機能を付け登録をすることによって、1乗車2ポイントのメトロポイントが加算されていきます。
貯めたメトロポイントはPASMOチャージに利用することが出来ます。東京メトロ To Meカードは電子マネーのPASMO機能を搭載している東京メトロのオフィシャルカードとなります。
東京の交通機関をメインに利用している人にとりましては、まさにオススメの一枚と言えるでしょう。



東京を拠点に活動している人に必須のカードブログ:21年01月07日

お子さんの頃は土用の鰻など知らなかったが、
成長期に食べたものの中で
鰻ほどおれの印象に残るものは無い。

なかなか食べられなかったということもあるが、
それ以上におれにとって鰻といえば、
お父さんのお土産である。

おれが小学生の頃のこと…
お父さんが飲んだ帰りに、駅の近くの小さな料理屋で、
時々持ち帰りの鰻を買ってくることがあった。

夕方の10:00過ぎ、
仕事終わりにビールを飲んで、
酔ったお父さんが帰ってくる。

帰って来たお父さんの手にはビニールの袋が下げられ、
その袋の中には包装紙に包まれた鰻重の箱が四つ、
重ねられて入っている。

小学生だったおれは、
お父さんの帰る頃にはもう布団の中であったから、
次の日の6時それを食べることになるわけである。

6時になると母が包装紙を開け、
ホイルの上に箱の中身をそのまま取り出し、
蒸し器で十分蒸したあと、
また同じように箱に詰める。

その上から、
小さな容器に入ったタレをかけて食べる…

お子さんながらに、
これはとても美味いものだというのはわかっていた。
ひとクチひとクチ、大事に食べていたように思う。

箱の底は銀色をしているのだが、
おれは食べながらも、
銀色が見えてくるのが
非常に勿体無いような気がしていた。

底にボンヤリと映る自分の顔を少し残念な気持ちで、
クチを動かしながら見つめていたことを覚えている。

起きてきて鰻重の箱を発見した時の嬉しさというのは、
憂鬱な6時を少しだけ幸せな気持ちにしてくれた。

その包装紙の模様もまた独特で、
よくは覚えていないが
確か白地に、緑や黒の家紋のようなものが
規則正しく描かれていたように思う。

おれはその模様をみつけると意地汚い性分で、
顔を洗うよりも先にそちらに手をかけ、
ママによく怒られていた。
東京を拠点に活動している人に必須のカード

東京を拠点に活動している人に必須のカード

★メニュー

大手銀行系のお得なクレジットカード
どんなシチュエーションでも大活躍
日本全国のコンビニでお得に便利にお支払い
学生も気軽に持つことが出来るクレジットカード
世界でも最上級のステータスカード
後々困難にならない為にも支払い方法を選ぶ
海外へ頻繁に行かれる方に便利なクレジットカード
特典が充実しているシティエリート
利息を考慮して賢くクレジットカードライフ
東京を拠点に活動している人に必須のカード


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)見逃せない噂のクレジットカード情報